野口健さん講演会

| トラックバック(0)

先日、ブログで報告させていただきました、

野口健さんの講演会に行ってきました☆

 

野口さんの本を読んで、自分が描いていた「野口健」の

イメージぴったりの人でしたっ!!

 

環境問題や戦死者の遺骨収集などの活動をしている野口さんですが

その野口さんが今日話してたことのひとつに、

「その場に行って自身の目で見てみないとホントの真実はわからない。

ものごとの本質を知るには裏側を見ないといけない。」

との言葉がありました。

それは野口さんのお父さんが野口さんに伝えたことで、

「世界の仕組みにはA面B面があり、

世の中で見えている部分はA面で、世に出回らないものがB面としてある。

健、物事のホントの意味を知るにはB面を見る必要があるぞ。」

って教えられたそうです。(野口さんのお父さんは外交官です。さすがのコメント)

 

野口さん曰く

「遠くから見た富士山や写真で紹介されるエベレストはA面で、

富士の麓の樹海の不法投棄やエベレストの永久凍土の上に捨てられたゴミなどがB面」って

話をされてました。そりゃ富士山の写真とかエベレスト無酸素登頂なんかの写真や画像に

ゴミ写せないですよね。

 

一般的には、山に限らずゴミの問題や地球温暖化の問題なんかは周知の事実ですが、

野口さんのすごいのは問題を自身が背負い、

自分がなんとかしないといけないって思って行動してるとこです。

僕自身、日本や世界で起こってる問題に「なんでやねん!?」って憤ることが多々ありますが、

なかなか行動には移せないですから...

 

世の中の「B面」を背負う野口さんは立派な方で、かっこいいなぁ~って思います。

戦死者の遺骨収集にしても、戦争美化でもなんでもなく、

「日本を思って亡くなった方を弔う」って意味で

絶対に日本人がすべきことだと思います。

(例えば肉親が置き去りになってたらみんな絶対探しに行くでしょ)

それは国家間の問題とか抜きにして

人間としての尊厳を敬うってことで絶対に必要なものです。

そこには日本人もアメリカ人、イギリス人、東洋、西洋関係ないことのはずです。

(お隣の国とかすぐ戦争美化って言うけど)

 

今日、野口さんの言葉の中に

「過去の先人を敬わない国は絶対に滅びる」って言葉がありました。

そのとおりだと思うし、いい教訓も悪い教訓も受け入れた上で先人を敬わないと

「日本人」のアイデンティティーは無くなっちゃんじゃないかな。

(限りなく薄いと思う。サッカーの時ぐらいか濃くなるの)

 

野口さんはヒマラヤなどの高所では常に「死」を意識してたそうです。

また遭難して、いよいよ死ぬかなって時に、

日常のなんでもない情景が次々に思い浮かんだとおっしゃってました。

生還後に、同じ思いを抱いて死んでいった日本人戦死者のことを思ったそうです。

そこから遺骨収集の運動が始まったそうです。

 

思ってすぐ行動する野口さんはやっぱり立派なかっこいい方だなぁ~とつくづく思いました。

僕のおじいちゃんも北方の占守島(しゅむしゅとう)の隣の幌筵島(ほろむしろとう)ってとこで

眠ったまんまです。だからじゃないですけど、日本を思って亡くなった方々を敬いたいし、

日本に帰ってきてもらいたいなって気持ちは野口さんと一緒です。

 

 

野口さんは今年、4月にまたエベレスト清掃に行かれます。

野口さんの著書やテレビなんかを観た人はご存知でしょうけど、

エベレストはほんとにゴミだらけだそうです。通年で氷におおわれた土地なので

ものがくさらず何年でもそのままで残る為です。

遭難者の遺体も眠ってるようにそのままだそうです。

 

野口さんがエベレスト清掃を始めたきっかけはエベレスト国際隊の中で海外登山家に

「日本の経済は一流、マナーは三流」って言われたことから始まります。

その時言い返せなくて(事実、日本のマナーは悪かった)クソーって思ったそうです。

(当時の日本の登山家はエコロジスト的思考はうすかったようです。)

野口さんは

「エベレストを汚したのが日本人なら、エベレストをキレイにしたのも日本人だっ!!」

ってことを公言する為にエベレスト清掃活動に取り組まれてます。

また、富士山清掃は、「日本一高い山」=「日本の象徴」ってことで日本をキレイに

する発信地として富士清掃活動をされています。

海外の遺骨収集にしても、同じ日本を思う人が散ったことを敬い、弔うことを目的に取り組まれています。

これらは、グローバル化され、いろんな価値観が溢れているいまの世の中にとても必要な感覚だと思います。

 

僕が強く思うのは野口さんのような考えの持ち主が

いまの日本を引っ張っていってくれる人なんかなぁってことです。

僕はまだまだ知識だけです。「知る」と「する」ってのはまったく違いますから...

「動く」ってことが出来てないけど早く野口さんみたいに

背負って動くってことが出来る立派な大人になりたいなぁ~って思います。

野口さんありがとうございました☆

 

野口さんの著書はおもしろいので是非皆さんご愛読あれ☆

めちゃめちゃ長文になってしまいましたが、最後に講演会後に撮影していただいた写真を

アップしときます☆

左が野口さん、右がわたくし。野口さんに「君も顔濃いなぁ~」って言われました(笑)

P1020477 - コピー.JPG

 

最後まで読んでいただいた方は熱い方だなぁ~とつくづく思う。普通ここまで読まないよね...

熱い思いを書いてたらここまでなりました。すいませんm(  )m

 

サタニ

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.seven-s.co.jp/blog/mt/mt-tb.cgi/24

セブンシーズ

  株式会社セブンシーズ会社案内
株式会社セブンシーズ

スタッフ

2013年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28