高尾山と山伏のスポンサー

| トラックバック(0)

先週末、起きたら晴れていたので

「これを逃してはもったいない」と

近場の高尾山に登ってきました。

 

登山入門的な山と言われているし

それほどの標高もなく、面白みに欠けそうと

内心思いつつも、「ミシュラン三ツ星の山」ってよくわからん

謎の称号を持っており、植物の種類が豊富にあるということなので、

興味がなくても、一応落としておかなきゃダメかなと。

昨日のブログの剱岳からずいぶん身近な山へ...

P1020479.JPG

この日は雨の予報だったので、いつもより人はすくなかったのかな。

ある程度ルートは調べてたけど、どのコースで登るかは決めずに

思いつきの登山道から登ることにする。

表参道コース(一号路)は人も多いし、ひょっとすると舗装されてるかもしれんなと思ったので(降りはここから。案の定舗装されてた)

そこは避けて、結局、稲荷山コースってとこから登ることにする。

 

しかし、登山者多いからか登山道広い。

P1020481.JPG

結局、一度も休憩入れずに山頂まで駆け上がる。(ホントは登山はゆっくり登らなきゃいけないけど)

コースタイム90分のとこを50分で登る。

山頂も景色はそんなにでした...やっぱり標高そこそこないとダメかなぁ。山によるか。

こんな感じ。雲+靄?それともガスってんのか?これが関東の空ってことか??

P1020499.JPG

そうそうに下山。

高尾山で一番テンション上がったのはこちら↓

P1020486.JPG

うぉーすげー天狗☆山岳信仰ってやつね。

このほか烏天狗だったり、山伏だったりいろんな像があった。

山の中にお地蔵さんとか石碑とかがあったりするのは

けっこういろんな山で見てきたけど、ここまでストレートに

表現してる像は初めて☆めっちゃ天狗やん!!

 

「ヤクルトは山伏の修行を応援しています。」って感じかな

IMG_6595.jpg

 

 

嗚呼...アルプス行きたい

サタニ

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.seven-s.co.jp/blog/mt/mt-tb.cgi/78

セブンシーズ

  株式会社セブンシーズ会社案内
株式会社セブンシーズ

スタッフ

2013年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28